北海道釣行記

トラウトを中心にルアーフィッシングを楽しんでます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

今日明日は天気良さげだから今週あたりがピークかな?
そういえば今年はトップの釣り・・・してない。っていうか、湖にまともに行けてないし・・・
今日から道南・道央のヤマメが解禁♪
本格的に尺ヤマメ狙って今年で3年目・・・今年こそ獲らねば!

ちなみに↑は去年の泣き尺。
狙ってとなるとホント難しいんだよね・・・


夜な夜な沖防波堤に出かけた仲間からの御裾分け♪
そういえばロックフィッシュも開幕だわね~
比較的に手軽にやれる釣りだけど突き詰めるとなるとなかなか一筋縄にならないのがこの釣り。
好きなんだけど、シーズン的にトラウトとバッティングしてしまうのでなかなか行けない。
夜にRF、朝はトラウト・・・以前はこんなハードスケで動いてたっけね。今は絶対無理(笑)

ちなみに今回「我家の食料危機」なので無理言って(脅し?)キープしてもらったんだけど、
ソイ刺最高ですわ♪他にも煮付け、ソイしゃぶ、味噌汁・・・戴くんなら美味しく食べたい。
そんでもって寝る前に食べるもんだからホント「肥え」ますわ(爆)


GWも「思いっきり」仕事(泣)でもかなりヒマなもんだからちょっとお遊び♪
先日遊びにきた友人が「これで釣れたら面白くない?」な~んて見せてくれた昆虫フィギュア。
確かにね~最近のはかなりリアルだからヘタなミノーとかよりよっぽど釣れそうな感じがした。

で、何気なく景品で集めていた昆虫系をちょこっと小細工・・・
あははははははは、マジで釣れそう♪
ウェイトや泳ぎとか細かいことなんてどうでもいい感じにさえ思える。
もう試してる人もいると思うけど、まさに「灯台下暗し」だったわ。
まぁメインでは使わないと思うけど、タックルケースに入れる価値はあるわね。

PS
コレクターの方、ゴメンなさい・・・
060402bousyo00.jpg
AM5:30・・・前夜、疲れてるんで丁重にお断りしたつもりだったんだけど「ケンイチ君の暴走」は止められませんでした・・・(って言うか、断れない自分がいる 笑)
急に「フレッシュモード(海サクラ付)」になったみたい・・・まぁ市場調査がてら出発。
今時期って草木生えてなくて色々と渓相見れるんで良いんですよね~
060402bousyo00.jpg
一応の淡い期待したんですが、現実は甘くない。
どこもマッディー・・・雪代、放水で釣りになりませんわ。
唯一やれそうなトコ見つけて行きましたが、雪・雪・雪・・・「デブ小デブ協会?」会員の私達は埋まりまくり・・・やっとこさ辿り着いたポイントにはお魚さん・・・居ませ~んでした(泣)
それにしても釣れる釣れない関係なく、川入って汗かくのは良いもんだわね~そろそろ渓流ダイエット開始です(笑)
ホント最近は疲れて果ててしまってるんで釣りって感じじゃないとです・・・
しかし、少しでも「釣り」の雰囲気を味わうために・・・
スーパー銭湯「湯屋サーモン」へ(笑)

サーモンとか謡ってるんで、魚になんか関係してるものあるのかな?っと、うちのボンズと探索・・・
入り口付近、リールとルアー、あとは鮭の置物に絵等・・・経営者さんの趣味?って感じで展示してましたね。

大人380円。住宅街にあるんで結構賑わっていましたよ。
雪とけるまでこっちに通いそう(爆)
ケンイチ君・ノゾミちゃん・かっしー・まちゃと恒例行事となってるの桂沢へ、
060225katsurazawa01.jpg
いやぁ~今年は良い天気に当たった~まさに「ワカサギ日和」って感じ。
060225katsurazawa02.jpg
毎年の事なんだけど、ここって湖面までたどり着く道のりが登り降り両方ツライね・・・
今年は大雪のせいか?傾斜がキツくツルツル・・・まぁ、それでも降りちまえばパラダイス♪
060225katsurazawa03.jpg
各自準備後、釣りスタート♪開始早々ヒット連発!しかし魚が小さいので乗りませ~ん(笑)
それでもコツをつかんだりしたらダブルで釣れちゃったりしてなんだか今日は活性が良いです。
周りにの騒ぎにオイラは沈黙・・・2週間前の「黒サシ(紅サシがサナギ化した物)」使っていたので
餌を交換したところ、ヒット!仕掛けも前回使ったまんまだし、やっぱ面倒くさがりはダメだね~
060225katsurazawa04.jpg
それにしても、ここのワカサギってカワイイサイズが多く、小さいのは2㌢位で大きくても6~7㌢。
数は多いんだけど、集中しないとアタリがぜんぜん捕れないね。
それでも今まで来た時より今回はみんな好調に釣れた感じがするよ。
060225katsurazawa05.jpg
かなり集中してたせいか?すっかり遅れて宴会タイム突入♪
釣れたワカサギ集めて「湖上天ぷら」  これを喰う為に寝ないで来たよ(笑)
味は・・・超極上!ワカサギってこんなに旨いの?って思うくらい美味い。
これは釣り人の特権だね~勢い余って、かき揚まで作ってしまった(笑)
来年は天つゆと御飯を用意して、かき揚げ丼作ろう・・・
060225katsurazawa06.jpg
そんなこんなで楽しい釣り&宴会も無事終了。


ちなみに今年の桂沢湖の状況ですが、氷(シャーベット)が厚いです。
エリクソンのドリルがギリギリって感じ。
それでもアドベンチャー的な事しなければ、最初から開いている穴があるのでそっちを使えば良いでしょうね。
仕掛けは1号、餌は紅・白サシで問題ないですが、まちゃが使っていた赤虫はかなり反応良かった。茨戸とかでやってると餌交換あんまりしないんだけど、ここはマメに交換した方が釣果が上がる感じがしますね。

竿/ペラペラ竿
リール/その辺で売ってる物
仕掛け/ガマカツ テントワカサギ1.5号5本針
餌/紅サシ

PS
まちゃとかっしーの喰いっぷりには驚いた!一家に一体必要です(笑)

おっかない人に拉致られて・・・(笑)
06022502.jpg
今年のワカサギも旨かった♪詳細は後で・・・

シングルフックの作り方♪

用意するもの
バイス・ハサミ・アイ素材・フック・ボビン・スレッド(3/0)・ヒッチャー(ストロー)
ニードル(つまよう枝)・アロンアルファ・ウレタン・仕上げ掛け・気合(笑)


バイスにフックをセット(今回は根魚王15号)
まず密に下巻きをして1㍉感覚でヘッドに戻します。
アイ(20lbバッキングライン)のポジションを決め。
(今回はデカイ魚を想定しているのでスッポ抜け対策でダブル巻きしてます)
アイを折り返して、ニードルで大きさを調整しハーフヒッチ。(大きさはお好みですが、今回は約3㍉)
エンド部分まで密巻きし(途中、余分なバッキングラインをカット)、更に折り返してヘッドまで密巻き。
ここで終わりにしてもOKですが、心配性なのでテンション掛けながら1㍉感覚でエンド~ヘッドまで巻く。
そしてフィニッシュ。
アロンアルファを塗り塗り・・・
アロンアルファだけでもOKですが、ムラが出やすいので乾燥後、ウレタンを塗ると仕上がりがキレイです。


気付いた事・・・
*アイのポジションは好みですが、やっぱ内側に作るタイプが多い?
ミノー用に作る場合が多いので今回のパターンですが、スプーン用に作る時は内側横向きで付けてます。
*以前はアイのエンド部分をライターコブを作って抜け防止対策してましたが、スレッドのテンションの具合でなんとかなるのであまり意味が無いと思います。見た目が悪いしやめました。
*アイはバトミントンのガットやPEラインでも遜色ないと思います。
「より強いの!」と思い市販ワイヤーでやったことありますが滑るのでオススメしません。
*以前スレッド6/0を根性で使ってましたが(在庫あったので・・・)3/0の方が格段に仕事しやすいです。
*スレッド部分が気になったので収縮チューブを付けたトコ・・・ドライヤーの熱でアイも溶けました。
*ちなみにどのフックも長持ちしません。(汗)黒コーティングのフックの方が「若干」息が長い感がします。
*今回「根魚王」なるトラウトに関係なさそうなフック使ってますが、普段はチヌ針が多いです。
まっ、色んなフックを試せるのも自作の良い所でしょう!(過去、色んなフックで試行錯誤)
形状的にフカセもGoodですが、シャンクが長いので巻くのが・・・気が向いたら使ってます。
*これが一番大事かも知れませんが、気持ちを込めて作りたいので、気分が良い時にやりましょう♪(オイラの場合、買収素材にかなり影響されます)

う~ん、久しぶりにいっぱい書いた・・・これで貸し借り無しだな。うんうん・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。