北海道釣行記

トラウトを中心にルアーフィッシングを楽しんでます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

シングルフックの作り方♪

用意するもの
バイス・ハサミ・アイ素材・フック・ボビン・スレッド(3/0)・ヒッチャー(ストロー)
ニードル(つまよう枝)・アロンアルファ・ウレタン・仕上げ掛け・気合(笑)


バイスにフックをセット(今回は根魚王15号)
まず密に下巻きをして1㍉感覚でヘッドに戻します。
アイ(20lbバッキングライン)のポジションを決め。
(今回はデカイ魚を想定しているのでスッポ抜け対策でダブル巻きしてます)
アイを折り返して、ニードルで大きさを調整しハーフヒッチ。(大きさはお好みですが、今回は約3㍉)
エンド部分まで密巻きし(途中、余分なバッキングラインをカット)、更に折り返してヘッドまで密巻き。
ここで終わりにしてもOKですが、心配性なのでテンション掛けながら1㍉感覚でエンド~ヘッドまで巻く。
そしてフィニッシュ。
アロンアルファを塗り塗り・・・
アロンアルファだけでもOKですが、ムラが出やすいので乾燥後、ウレタンを塗ると仕上がりがキレイです。


気付いた事・・・
*アイのポジションは好みですが、やっぱ内側に作るタイプが多い?
ミノー用に作る場合が多いので今回のパターンですが、スプーン用に作る時は内側横向きで付けてます。
*以前はアイのエンド部分をライターコブを作って抜け防止対策してましたが、スレッドのテンションの具合でなんとかなるのであまり意味が無いと思います。見た目が悪いしやめました。
*アイはバトミントンのガットやPEラインでも遜色ないと思います。
「より強いの!」と思い市販ワイヤーでやったことありますが滑るのでオススメしません。
*以前スレッド6/0を根性で使ってましたが(在庫あったので・・・)3/0の方が格段に仕事しやすいです。
*スレッド部分が気になったので収縮チューブを付けたトコ・・・ドライヤーの熱でアイも溶けました。
*ちなみにどのフックも長持ちしません。(汗)黒コーティングのフックの方が「若干」息が長い感がします。
*今回「根魚王」なるトラウトに関係なさそうなフック使ってますが、普段はチヌ針が多いです。
まっ、色んなフックを試せるのも自作の良い所でしょう!(過去、色んなフックで試行錯誤)
形状的にフカセもGoodですが、シャンクが長いので巻くのが・・・気が向いたら使ってます。
*これが一番大事かも知れませんが、気持ちを込めて作りたいので、気分が良い時にやりましょう♪(オイラの場合、買収素材にかなり影響されます)

う~ん、久しぶりにいっぱい書いた・・・これで貸し借り無しだな。うんうん・・・












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yasufishing.blog13.fc2.com/tb.php/195-93696e7e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。