北海道釣行記

トラウトを中心にルアーフィッシングを楽しんでます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
頼んでいたオリジナルNewRodが到着~♪今回もかなりマニアックな要望を出した(笑)
本流メインのRodなんですが、長さは6ft。ちょっと短いんじゃない?と思う人もいますが、
自分の釣りのスタイルが距離よりパワーを重視するスタイルなのであえてこの長さ。
100619_171121.jpg
流れの中に居る「デカイ奴」をメインターゲットと考え「止めれて寄せれる」事を重視。
そこで重要なバット部がタフなブランクを求めてたトコ、Bass系が無難なのかな~?とsnzちゃんに相談したらたまたま在庫していたフライメーカー系のブランクがそれにマッチ。
あとは、ガイドやらグリップやらカラー等、言いたい事をあれこれsnzちゃんに注文(いつもすいません 汗)
ネームはわかる人にはわかる「ValleyRiver」 YS66MT・・・この辺はもう洒落になってます。
100619_171350.jpg
そんでテストしに近所の川へ・・・どれどれ・・・
硬いわりには結構ぶっ飛びだ!ティップの入りと言うのか?チタンかステンで悩んだんだけどステンを選択。Rodの硬さとステンのウェイトバランスが合うんだろうな?snzちゃんの言う通りキャスト時の振り抜けに違和感なくベリーも乗る感じ。
続いてクランク&ディープを使いバットの具合を試す・・・瀬のど真ん中に打ち込んでみたんだけど、全然負けないわ~ダウンでも流してみたけど、押さえが利くのでアプローチレンジであれこれやれる。


で、あれこれ試していたら・・・なんかヒットした!(笑)
なんだろ?ニジかブラウンかアレか?ちょっとデカイかも?増水気味なので流れも強い・・・
100620_095245.jpg
テスト開始!流れに乗る魚をドラグを締めて動きを止めさせてみる・・・あははは~余裕だ!
暴れ具合や走りの感じがアレっぽかったので、ダメ元強引で寄せてみると~やっぱアレでした(汗)
しかもデカくて板ってるし・・・「バレてもいいや」と思い無理っくりライディングしたところ、64cmで3~4kg位かな?流れもプラスしたら結構あったはず。想像した通りの仕上がりだ!
今度は海で釣れてくれ~(爆)と願いリリース。(狙って釣れる程甘くないよ・・・)
釣れた魚は×でしたが、しっかりと入魂&実力発揮となりました。
100620_105127.jpg
で、ブラウン(チビ 笑)ちっちゃかったですが、このサイズでもしっかりアタリは取れる。
ピンピン系のロッドは結構弾くんですが、意外と乗りが良いかもね。

オリジナルが全て良いとは言いませんが、市販のロッドにはないアクションを求められるのと自分の好きなパターンに特化できるのが魅力かな?
世界でこの一本♪な~んて事もいいですね。
100620_121441.jpg
ただし、このRodは良い事ばかりじゃないかも・・・
スプリッドリング、フック、ラインシステムとあれこれ替える必要がある。
さっきのアレの時、強引にやりとりし過ぎたせいか?リングとフック伸びてた。
ラインも0.8PEよりも1.0PEの方が安心かな?
それと覚悟はしてたけどバットが強い分「リスト」の負担が相当あるかも・・・数釣りには向かないかな?

何はともあれ、snzちゃん今回もありがとう~♪♪♪
スポンサーサイト

ここ数日、地元の川でノイローゼ気味になってしまい(爆)
少し気持ちの整理を込めて、ルアーを絞ることにした。

JACKSON TroutTune7
自分のタックルにもマッチしてるので、渓流が始まるまで「これ」に賭けてみっか!?

渓流はここ数年「5・5」メインにほぼカバーできていたので信頼はある。
某D-・・・の相性が悪いので・・・皆使ってるので・・・偏屈なもんで・・・

アスリート系のミノーだけあって、泳ぎも飛びも問題ない。
欠点といえば、ダイレクトレンジなのでストラクチャーでのロストの危険性があるくらいかな?
ヘビーウエイトのミノーは仕方がないんだけどね。(笑)

まっ、とにかくシートラを獲らないと・・・
今更なんですが、ここ便利です。
北海道地区 道路情報
リアルタイム 川の防災情報
たくさん「妄想」して下さい(笑)
CARDIFF C3000HG

決め手は最近流行の「ハイギア」

C2000HGSを去年から渓流で使ってたんだけど、これがなかなか面白い♪
今まで、入れ難い流れにも巻き上げが早い分「サクッ」とミノーが入る(乗る)感じ。
まぁ、キチッとスラッグ取れば出来る範囲なんだけど、これが自然にやれる分
かなり良い感じでしたね。
軽いのはもちろん、ドラグも結構細かく調整できたかな?

ただし、欠陥部分もある・・・キャスト時にアームカムとハンドルがぶつかる時がある・・・
設計ミスだね。


で、本題のC3000HG
まだ実戦投入していないけど「ハンドル1回転88cm!」
このクラスのリールで10cm以上巻上げが多いんだよね。
これは、絶対に武器になる!(はず)
「早く巻けば解決!」と言われるけど、巻けば巻く程「この10cmの差」は出てくると思うんだけどね・・・

これで、本流・湖・海にと迷わずチャレンジできるはずだ♪

詳しくはメーカーサイト
[高画質で再生]

アメマス
そういえば、先週の釣りで動画撮ってました。
携帯のカメラで、しかも縦横おかしいんだけどね・・・
このBlogで動画アップ出来る事、すっかり忘れてましたわ(笑)

今度はちゃんと撮ります♪(今度っていつかな・・・)
カレンダーの下にウェザーニューズのBlogパーツchを入れてみた。
道内の天気予報はもちろん、雨雲レーダーも見れます。
衛星やライブカメラは必要ないかな?
まぁ細かい部分はでませんが、雨雲レーダーなんかは便利だね。
とりあえず、いつも見る天気予報のサイトだったし、画面もシンプルで良いね♪

ここ最近の渓流・本流には、この「DUEL SMOOTH Trout」を使ってる。
とにかく「細く、強く、扱いやすく、しかも安い!」が信条なので、おいらにはかなりマッチしたライン♪
渓流には11lb(0.6号5kg)、本流には13lb(0.8号6kg)
渓流はともかく、本流で使うのが0.8っていうのがやや不安だったんだけど、全然問題ありませんね。
アキアジがスレ掛かりしても切れませんわ。
コントロールもしやすいし飛距離も出るから、以前使っていた某有名PEより扱いやすいかもしれませんね。

ただし、良いトコばかりじゃない・・・PE系の欠点である「ほつれ」がかなり多い感がする。
まぁ、これは細いから仕方がないんだけど、釣行前は必ずと言っていいほど先端3~5mはカットしているかな?
渓流の場合、木や岩で擦れたりするもんだから、毎回ヤバイ状況になってしまう・・・それで何本かヤラれたし・・・
まっ、焦らずに使用前チェックすれば問題なしですわ。
supert.gif
ちなみに、リーダーは「SUNLINEスーパートルネード」使ってます。
渓流1.5号、本流2号。フロロですが、クセもなく、かなり強い!あとノットもしやすいかな?
ちと高いけど、信頼性はかなりありますね。
20090513211019
今シーズンより渓流タックルをフルチェンジした!

ロッド
Fishmanオリジナル「Beams」1ピース4.7フィート
リール
SHIMANO CARDIFF C2000HGS

まだ使い込んでないので色々語れないけど、ロッド・リール共かなりイイ感じ♪
(使用感想は今後報告します)

今年の渓流は楽しみです。

先日まちゃが釣った立派な尺ヤマメ!
写真の映りが悪いんだけどサイズは34㌢もあったみたい・・・
しっかしまぁ~「高い壁」だわ・・・おめでとね♪

久しぶりに手元にルアーあるものでコメント(シーズン始まると車に置きっぱなもんで・・・)
今はなきティーレックスの面影がありそうでなさそうな感じですが、個人的には好きなタイプ。
で、どんな感じかと言うと・・・飛ぶ~!5cm3gSの方は今までスパシンとかよく使ってましたが、
同じ感じで良く飛んでくれます。それで流れ負けもしないでキビキビと泳ぐもんだから、
ストレスを感じなく扱えますね。
7cm4gFも同様、飛びます。こちらは重心移動入ってるみたい。緩やかなトコより
流れの変化があるトコで使うと活躍してくれそうな感じがしますね。
ただ、価格的には高いんだよね・・・モノは確かに良いんだけど・・・
ちなみに貧乏なオイラは「回収可能ポイント」でしか使っておりません(爆)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。